Fラン大学に通うオマエラはどんどん休学しなさい!


ニーハオ、台南在住ブロガーのたかひろです。

突然ですが、Fラン大学に通うみなさん。

あなたたちは、どんどん大学を休学して、
学生時代にやりたいことをしましょう。

卒業するときにやり残したことがあると、一生引きずることになりますよ。

ダラダラはNG。大学生が休学してでもやるべきこと

とはいえ、大学を半年なり1年なり休んで、


ダラダラ過ごしてはいけません。

何か目標を定め、それに向かって邁進しましょう。

まあ、この記事を読んでいるあはたは多分、

何か休学すべき目的があるんだと思います。

そんなあなたは迷ってないで休学しましょう。

目的がないアナタ。
本当に何もありませんか?

免許は取得しましたか?

長期海外旅行とかしましたか?

(長期で旅行できるのは、大学生のうちだけです)

本や映画をたくさん見て、教養を深められましたか?

ブログやYouTubeで稼ぎたいとか考えていませんか?(あるなら休学して挑戦)

語学留学とかどうでしょう?

とりたい資格はありませんか?

…少しでも引っかかるもの、「やりたい!」と思うことがある場合は、


進路など気にせず、どんどん休学しましょう。

よほど優秀な大学でない限り、休学は進路に支障なし

よく、休学するにあたって

「就職に不利になるのでは…」

という声を聞きます。

でもそんなのナンセンス!

ナンッセンス!!

よほどの大企業でなければ、
休学の履歴は傷になりません。

ただ、面接では休学の理由をきかれます。

その時に

「ダラダラしてました」
「遊んでました」

ではなく、

「語学留学してました」
「勉強して◯◯の資格を取得しました」

と、堂々と説明できるよう、

休学中に定めた目標を実行すればいいんです。

むしろ、中身のないままストレートで卒業するより、

休学してスキルを身につけた方がプラスです。

鳥と話せるスキルとか。

就活で役立つだけでなく、

後々の人生の糧になります。

それほどの可能性を、休学は秘めているんです。

むしろ大学生は休学しなきゃ損なレベル。

だから、よほどのエリート志望大学生でない限り、

休学し、やりたいこと、やるべきことをしましょう。

ちゃんと卒業はしよう

ただ、休学のリスクとしてありがちなのが、

「大学に戻る意味を失い、そのまま退学してしまう」

こと。

まあ、休学中に始めたビジネスが成功しこれから食べてけそう!


って人ならいいですけど、

それ以外の場合は結局就活することになると思うので、

ちゃんと大学に戻り、卒業しておきましょうね。

学費を払ってくれてるお父さんお母さんのためにも。

よほどスキルや特技があって、

その技で食べてくだけの自信があるケースだけは別かな。

ただその場合も、やはりもう一年追加で休学し、

本当に稼げるかどうか試してみるべき。

そこでうまくいけば大学に戻らなくていいし、

失敗すれば大学に戻って就活すればいいだけの話。


結局、休学は最強。


なので、

よほど優秀な大学にいて、

優秀な企業を狙う人でない限り、

どんどん休学して自分を磨いていきましょう。

最後に笑うのは、休学して自分を高めることができたアナタなのだから。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です