誰も知らないパワースポット?新大久保の路地裏で見つけた『夫婦木神社』でお祓いをしてもらった話

みなさんごきげんよう。大卒ニートブロガーのたかひろです。

先日、チーズドッグが食べたくなって新大久保をふらふらと散歩していたら、ちょっと面白い場所を見つけたので紹介したいと思う。

その場所の名前は「夫婦木神社(めおとぎじんじゃ)」。路地裏にひっとりと佇む、小さな神社である。

場所はここね。

新大久保駅の近く。バカにしてるかって?してないよ。ぱそこんの調子が悪いだけだよ。住所貼るから自分で探してちょ。

東京都新宿区新大久保2丁目27-18

謎神社発見までの経緯

よく晴れた午後である。チーズドッグを食べ終えて満足した僕は、暇を持て余し新大久保駅周辺を遊歩していた。大通りから裏通りへ、裏通りから住宅街へふらふらと歩きまわる。途中、謎の自販機を見つけた。

ココハノー・ゴミ・ゴミ・ダメ・ガービッジ」。なんかリズムに合わせて口ずさみたくなる。

すると!謎自販機のすぐ近くに謎の神社があることに気が付いた。まさに謎が謎を呼ぶってやつだ。そのひっそりとした小さな神社からは、自販機にはない華やかな香りがする。

人気のない住宅街を歩いていると、それは突如として現れる。

なんだか秘密の世界への入り口のようである。看板には、「夫婦木神社」と書いてある。

神社にて。素朴な鳥居がいい感じ。

早速入ってみる

早速入ってみる。気づけば湯の使者・ゆーそんもついてきていた。本当、彼はどこにでも現れるのだ。でもゆーそん、今日は温泉には行かないんだよ。大人しくおうちに帰りなさい。

振り向くと、彼は鳥居の下から僕を見ていた。なかなか帰らないので、仕方なく一緒に中へ入る。

中ではまず、たくさんの絵馬たちが僕を出迎えてくれた。ちなみに、神社に行って絵馬を見るのは僕の数少ない趣味のひとつ。いろいろな人の願いを見てると、なんか元気が湧いてくるのだ。

じゃらりとならんだ絵馬

「へえー」なんて言いながらひとつひとつ絵馬を眺めていると、奥に映る窓が

ぬぅうぇらっ(効果音)

と勢いよく開いた。そこは社務所だったらしい。優しそうな顔の男性が現れ、「どうもいらっしゃい」と。

「こんにひは」と挨拶する。長年まともな人とコミュニケーションをとってこなかったので、普通の声の出し方がわからない。何を話して良いのかわからず、さっき見たゴミ箱のことを考えていると、

「お祓いをしてさしあげましょうか」

とのこと。その方はこの神社の宮司さんだったのだ。とっさに僕は考える。

お金とられたらどうしよう。

今500円しか持ってないよ俺。銭湯行けてもタオルが借りれないレベルだよ。トリキに行ってもおかわりキャベツしか食べられないよ。そんな俺の財布に何ができるというのさ。しかし、ご主人はまったくの善意でそう言ってくれているようだったので、素直にお祓いをお願いすることにした。考えすぎるのが僕の悪い癖である。

「では、こちらへどうぞ」

宮司さんに連れられ、階段を上った場所にある本堂へ。簡略化されたシンプルな手水舎が興味をそそる。

本堂へ続く階段
初めてみるタイプの手水舎

お祓いをしてもらう

宮司さんに案内され、靴を脱ぎ本堂へ。ここからは撮影禁止なのでイラストで勘弁してほしい。

「まず、あなた方のお名前と出身地をうかがってもよろしいでしょうか?」と宮司さん。

あなた方?ああ、そうか、ゆーそんもいるんだった。僕らはそれぞれ自分の名前と生まれた土地の名を答える。すると宮司さんは「わかりました。それでは」と言い、お祓い棒を僕らの前でゆさゆさと降りはじめた。お祓い棒の紙が風を受け心地よい音を立てる。

お祓いが始まった。既にお祓いは始まっているのだ。わーい。

※イメージ

宮司さんは僕らに明るい未来が訪れるよう祈ってくれた。まるで神様と交信しているようだ。その場合、お祓い棒は神様とコンタクトをとるためのアンテナの役割を果たすのかもしれない。そんなことを考えていると宮司さんはこう言った。

「ここはね、夫婦円満や子宝を祈念するための神社でね、このお祓いをしてもらうために遠くからいらっしゃる方々も多いんですよ。」

俺「え。」

それを聞いて、僕はこの宮司さんが何やらとんでもない勘違いをしているのではないか、という気がしてきた。宮司さんの優しげな目は、夫婦の幸福を願う暖かな光を宿している。

時間が凍り付く。ちょっと待ってください、と言いそうになるが、もう遅い。祈りは既に神様へ届いてしまったのだ。僕はゆーそんの方を見やる。なんか全然違うことを考えている顔だった。ダメだこりゃ。

お祓い終了!

お祓いが終わると、宮司さんは「またいつでも来てください」と、優しく送り出してくれた。お金はとられなかった。いつも通り、杞憂だったみたい。僕はもっと人を信頼しても良さそうだ。

「なんか、ヒヤッとしたよ」と僕。

「ああ、金とられんのかと思ったぜ」とゆーそん。

うん、そうだけど、違うんだよ。俺はもうひとつ別の大きなことを気にかけてたんだよ。

そう言いかけて、やめた。

祈りを受けた神様は、きっと今頃、僕らをどういう形で幸福にしようか腕を組んで考えていることだろう。

まとめ

さて、というわけで今回は新大久保駅にある『夫婦木神社』へ行ってきました。何はともあれ、お祓いをしてもらえるのは有難いことですね。駅からも近いので、新大久保駅で時間をつぶしたい方などはふらっと立ち寄ってみてもいいかもしれません。こじんまりした雰囲気が落ち着きを与えてくれますよ。

以下、今回のまとめです。

・夫婦で行かれることをおすすめします

・新大久保駅から近いので、気になる方はとりあえず立ち寄ってみてください

・ 僕はゲイではありません

以上、たかひろでした!いつかどこかの不思議な場所で会いましょう。

ばいばーい。

帰り道で見つけた謎のシール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です