山梨県・山中湖周辺でおすすめの日帰り温泉厳選3選!料金・アクセス方法・おすすめポイントなども紹介

どうも、大卒ニートブロガーのたかひろです。[

今回は山梨県の山中湖村へ2週間ほど滞在してきた僕が、数ある温泉施設の中でも特にお勧めする日帰り温泉を厳選してご紹介しちゃいます!

ぜひぜひ、ここで紹介されている温泉で旅の疲れを癒してください。

↓ランチ紹介記事もよろしく♡

①レトロなつくりで清潔感溢れる『石割の湯』

まずご紹介するのは、山中湖平野にある温泉『石割の湯』。古風でおしゃれな建物が目を引きます。館内の作りも洗練されていて、まるでおしゃれな古民家カフェのような雰囲気がありました。

一番の魅力は低温でながーく入っていられる大きな「ひのき風呂」。37度に保たれた湯温が、体の疲れを時間をかけゆっくりと取り去ってくれます。
石割の湯の泉質は長湯によって効果が増大するため、ひのき風呂との相性が抜群。のぼせることなく楽しむことができますよ。

大きなひのき風呂

館内はWIFIを完備しているし、お食事はもちろんのこと、ドリンクやデザートのメニューも豊富なのがうれしい。お風呂から上がったらビールを買って、畳の休憩所にごろん、と。ね、最高でしょう?

広々とした休憩所

石割の湯の所在地・入浴料・営業時間

【営業時間】 10:00~21:00(最終受付 20:30)

【定休日】 木曜日(ただし、GW・7月~8月・祝日は営業)

【料金】 大人800円 /学生600円 /小学生300円

【所在地】 〒401-0502 山梨県南都留郡山中湖村平野1450

実際に行ってきました、『石割の湯』。詳しい情報などもこちらの記事をご参考に。

②お風呂からの絶景が魅力!『紅富士の湯』

お次はここ、『紅富士の湯』です。

山中湖ICを下りてすぐの場所にあるので、車の方は石割の湯よりもアクセスしやすい。

そして何よりもここの魅力はお風呂から見える富士山!

内湯からも露天風呂からも見えるその富士は存在感抜群。冬の期間(12月~2月)は6時から営業しているため、名前通りの「紅富士」が拝めちゃうんです。

大きな湯船で足を伸ばしながら富士山を拝む……。こんな贅沢、なかなか無いと思いませんか?

お風呂から見える紅富士

露天は特に広く、こちらにも石割の湯と同様に低温のひのき風呂がありました。日本庭園をイメージした露天と富士の景色は相性抜群ですね。

まんが『ゆるキャン△』のモデルにもなった紅富士の湯のひのき風呂

建物や内装の雰囲気は、石割の勝利。でもこの絶景の大露天のために訪れる価値は十分にあると思います。というか、山中湖へ遊びに行くならば絶対に立ち寄っておきたい。

紅富士の湯の所在地・入浴料・営業時間

【営業時間】 10:00~21:00(最終受付 20:30)

【定休日】 火曜日(祝日・GW・7月~9月・年末年始は営業)

【料金】

  • 大人800円
  • 学生600円
  • 小学生300円
  • 小学生未満は無料
  • レディースディ(毎週金曜日)は女性の方のみ600円(ズルい!)

【所在地】 〒401-0501 山梨県南都留郡山中湖村山中865−776

実際に行ってきましたので、詳しい情報はこちらの記事を参考にどうぞ。

③館内設備が充実!静かにゆっくりくつろげる『須走温泉 天恵』

最後に紹介するのがここ、山中湖村から車で10分ほどの場所にある『須走温泉 天恵』。

なんかカッコいい名前ですね。ここは市街地から少し離れた場所にあるためか、上記の2つの温泉と比べてお客さんは少なめでした。

静かにゆっくりくつろぐには最適ですね。お子さま向けの設備も整っているので、ご家族でいらっしゃるのも良いかと思います。

天恵には男湯・女湯の他に「水着ゾーン」と呼ばれる混浴エリアが存在します。

そこには温泉はもちろんのこと、夏季(6月上旬~9月中旬)限定で12メートルのプールが開放されるんです。追加料金無く楽しめるのがうれしいところ。

プール

また休憩所がとにかく充実しているんです。リクライニングソファにはテレビが1台設置されていて、その隣にはたくさんのマッサージチェアが。簡単なベッドなども用意されていました。もちろんどれも無料なので、思いっきりくつろいじゃいましょう。

休憩所のソファには、テレビが設置されていました

また、追加料金を支払えば個室でゆっくり宿泊することが可能だそう。

天恵は、人がたくさんいるのがイヤ!家族で思いっきり楽しみたい!という方におすすめです。のんびりしたい方はここで決まりですね。

須走温泉・天恵の所在地・入浴料・営業時間

【営業時間】 6:00~23:00(お風呂だけのご利用の場合)

【定休日】 年中無休

【料金】
大人(13歳以上)   平日…900円(18時~23時の入館は700円)

           土日祝…1500円 (18時~23時の入館は1000円)

子ども(6歳~12歳) 平日…500円 (18時~23時の入館は300円)

          土日祝…600円(18時~23時の入館は300円)

幼児(3歳~5歳)  平日…200円 (18時~23時の入館は300円)

         土日祝…300円(18時~23時の入館も同料金)

※水着レンタルは大人200円、子ども100円。

【所在地】 〒410-1431 静岡県駿東郡小山町須走112-171

詳しくは実際に行ってきましたのでこちらの記事を参考に。

まとめ

いかがでしたでしょうか?やっぱり旅行に温泉は外せませんよね。以下、今回の記事のまとめです。

①おしゃれな空間で贅沢な時間を過ごすなら『石割の湯』

②富士の絶景を眺めながらお風呂に入ってみたい方は『紅富士の湯』

③充実した設備でのんびりとくつろぎたい方は『須走温泉 天恵』

以上です!やっぱり旅行に温泉は外せませんよね。温泉と美味しい食べ物があるだけで、生きてて良かった、と実感できますよねぇ。私も国内旅行は温泉のためにあるものだと思ってます(偏り過ぎ?)。

それでは、山中湖の温泉で日々の疲れを癒してきてください!充実したご旅行を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です