山梨県・山中湖村にある『紅富士の湯』がヤバい!絶景の露天風呂で富士山を満喫しよう!

ぱお! 温泉マニアのたかひろです。

今回は2週間ほど滞在した山梨県・山中湖村の近くにある温泉『紅富士の湯』にスポットを当てたいと思います。

にスポットを当てたいと思います。

ここは富士山を間近で見ながらお湯に浸かれるという、なんとも贅沢な温泉。食堂や休憩所も充実しているし、いう事なし!

山中湖へ遊びに行く際はぜひ立ち寄ってほしい場所です。今回はそんな『紅富士の湯』の魅力に迫っちゃうよん。

紅富士の湯とは!!??


『紅富士の湯』は、山中湖付近にある温泉施設。

浴場から富士がよく見えることが評判で、料金もリーズナブルなため人気が高い。

割りと近所に位置する温浴施設『石割の湯』と同様、水素イオン濃度(PH:ペーハー)がとても高く、お肌に優しいアルカリ性の泉質となっている。

アルカリ性の湯には、肌の汚れや古い角質を取り除くなどの効果があり、「美人の湯」・「美肌の湯」などと形容されるそうだ。

紅富士温泉の魅力ポイント

①お風呂からの絶景!

紅富士、というだけあって、富士山をお湯に浸かりながら堪能できる。内風呂からも露天風呂からも、早朝の紅富士はもちろんのこと(12月~2月の期間は朝6時から営業)、天気や時間帯によって姿を変える色々な富士山の姿を拝むことができる。こんな贅沢は中々味わえない。

見よ、この絶景を!雄大な富士と露天風呂のコンビネーションは、まさに天国。

山中湖からもICからも車で3分という好立地!

山中湖からも山中湖I.Cからも車で3分で行けちゃう『紅富士の湯』。高速を降りてすぐに運転の疲れを癒すこともできる。

③充実の館内設備!

座敷席、テーブル席、カウンター席と、さまざまなスタイルで食事を楽しめる2階の「大食堂」、リクライニングソファで仮眠もできちゃう「休憩所」、追加料金が必要だが※、静かにのんびりくつろげる「個室」など、館内設備が充実している。WIFIも完備しているため、安心して長居することができる。ただしコンセントを使うことができないため、充電には注意。

※個室料金

【料金】1部屋3,000円(3時間)
 ※3時間以降は1時間につき1部屋1,000円の延長料金がかかります。
【お部屋】紅の間(12畳)/富士の間(22畳)/もみじの間(12畳)

④低めの温度で長湯できる「ひのき風呂」

10人は余裕で入れるであろう大きめのひのき風呂は、温度が37℃前後と低めの設定のため、ずっと入っていられることができる。紅富士の湯の泉質は長湯によって効果が増大するため、ひのき風呂との相性が抜群。もう無限に入っていられちゃう。のぼせることなく富士見を楽しめるのは紅富士の湯ならでは。

ひのき風呂は近所の『石割の湯』にもあるが、庭園や富士が見える点でこちらの勝利。

料金とアクセス方法

◎料金

  • 大人800円
  • 学生600円
  • 小学生300円
  • 小学生未満は無料
  • レディースディ(毎週金曜日)は女性の方のみ600円(ズルい!)

常連さんのうれしい回数券も販売しているらしい。これだけ入ればお肌スベスベ(もはやデロデロ)になりそう。

  • 一般大人(11枚綴り)… 8,000円(税込)
  • 学生回数券(11枚綴り)… 6,000円(税込)

アクセス

はい、おなじみの公式サイトから丸パクリしてきたやつです。すんません。関西からは高速バスが出ていないため注意。

✦東京方面から

✦関西・中京方面から

山中湖に遊びに来る際にはチェック!

山中湖に遊びに行く際にはぜひ立ち寄りたい『紅富士の湯』。筆者も湯の使者・ゆーそんと温泉へ行ってきたが、堪能しすぎて写真を撮り忘れてしまった(なぜかカメラにはピンボケした俺の汚い生足が入っていた)。

食堂もWIFIも休憩所もあるので、一日中くつろげてしまう。おすすめの時期は12月~2月。早朝6時から開いているため、真っ赤に染まった紅富士を見ながら冷えた体を温めることができる。その際、温度が低めのひのき風呂に長湯しすぎて風邪をひかないように注意。隣にいた外国人が浴槽でうたた寝して溺れかけてたから、みんなも気を付けて温泉を楽しもう。

ではでは、山中湖でも楽しい温泉ライフを!ばいばーい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です